草食系男子という言葉が話題になり成田のデリヘル遊びを知らない方も多いと言われていますが、男性に生まれてきて女性を知らないのは人生で大きな損だと思いますよ。

草食系男子は成田のデリヘルで人生観が変化する

草食男子はデリヘルの楽しさを知れ

千葉のデリヘルでセックスの練習相手は風俗嬢

投稿日:2016年2月24日 更新日:

以前、男は女から「車の運転とセックスが下手と言われると一番傷つく」と言われていました。しかし現在の若い世代はマイカーを所有する人間も少なく、草食系男子と呼ばれる男子たちはセックスどころか恋愛も消極的だそうですね。

千葉のデリヘルでセックスの練習相手は風俗嬢
僕らアラフォー世代が思春期を迎えた1980年代後半、ビデオデッキが一般の家庭にも手に入るようになったころ。それと同時にAVが売り出されると、世のお父さん方がAV見たさにビデオデッキを購入し爆発的に普及していきました。

当時思春期真っただ中の我々も親の目をかいくぐり友人から借りたAVを見ようと苦心したものです。と、言いながらも当時のAVはモザイク処理もしっかりされており、女性器がどんな形さえ知らない男子学生が大半でした。

今のようにインターネットで簡単に無修正動画を見られるなんて隔世の感があります(笑)。別に今の若い世代をやっかむわけじゃないのですが、当時は確かにモザイクの向こう側、つまり女体の神秘というものが存在し、初体験を控えた思春期の我々は「ハウトゥセックス」、どのようにセックスをするのか、という情報に飢えていたのであります。

そしてこの世代の誰もが、年上の綺麗なお姉さんに手取り足取りセックスを教えてもらいながら筆下ろしをしてもらう、そんなシチュエーションに憧れたものでした。そしてセックスをすること、さらにセックスが上手なことは当時の男にとって一種のステータスだったような気がします。

からでしょうか、1990年代、まだ千葉でもデリヘルよりは店舗型のヘルスやソープランドが隆盛を誇っていた時代の風俗の利用目的には、自分の性欲を満たす目的だけでなく、テクニックを習得する場、または男性誌などで覚えたテクニックを試す場という側面も確かにありました。

しかしそれは現在の千葉のデリヘルにも同じことが言えるのではないでしょうか。プライベートでセックスするときは相手の女に上手いと思われたい!そんな願望を満たすテクニックを取得するために豊富にセフレがいるならいいですが、そんな相手がいないのであればデリヘル嬢に練習相手になってもらいましょう。

プライベートのセックスに自信が持てず恋人関係、夫婦関係がギクシャクしている、セックス自体の経験が乏しく恋愛に今ひとつ積極的になれない、そんな男性は千葉あたりでデリヘルを利用し、風俗嬢にアドバイスをもらって色々試してみて予習を積めばいいいんです。でもその前段階の前戯のテクニックを磨くにはもってこいの遊びであり実践の場であるんです。「習うより慣れろ!」というのが一番間違いないですよね。

千葉のデリヘルを体験するならしっかり下調べ。
これは本気で大事です。とりあえず電話して案内されたのが容姿も酷いデブのおばちゃんだったらトラウマにだってなってしまうだけに、初めてだからこそ納得の美人さんにお相手して頂きたいと思いませんか?

下調べを十分にして納得の女性を数名ほどチョイスしたら午前中にしっかりその女性を予約しておくのが一番間違いありません。

もしも目的の女性が予約いっぱいと言われたら、別の店で次の候補の女性の予約を試みるといった具合にして指名料を払って確実に美人の予約をしてみてください。

あと千葉のデリヘルになれていないなら顔出しの女性は信用しちゃいけません、モザイクがあって当たり前と割り切ってください。

厳選した美人だけの店というのも無理があります、そんなに選べるほど求人ができる訳がないのです、つまり在籍が全員美人という店は疑うべきなんですよ。

納得の美人は必ず本当にいます、最初に酷い女性に当たるとトラウマになるので慎重に選んで突撃してみてくださいね。

-草食男子はデリヘルの楽しさを知れ

Copyright© 草食系男子は成田のデリヘルで人生観が変化する , 2017 AllRights Reserved.